古径コスモの家具が出来上がるまでの工程をご紹介しております。
家具が完成するまでに最低でも10の工程を踏みます。出来上がった商品がいつまでも、丈夫で、安心してご利用いただけるように、製作には手を抜きません。

家具本体

突板材

1

木取

規格サイズの板から、必要な材を切り出します。

2

貼込み

表面の仕上材と、芯となる材を貼り合わせます。

3

正寸カット

貼り合わせた材を正確な寸法で裁断します。

4

小口貼り

必要な小口面を仕上げます。

5

ボーリング加工

必要な穴開けや溝加工などを行います。

6

仮組

寸法や加工に間違いがないか、板組みをして確認をします。

7

仕上

サンドペーパーなどを用いて、表面の仕上げを行います。

8

塗装

汚れや傷がつきにくいよう、表面の保護塗装をします。

9

組立

箱などの組み立てを行います。

10

組み付け

本体と扉、引き出しなどを組付して、完成品にします。

11

検品

当社の規定に沿って、安全面・仕上がりを確認します。

12

梱包

傷ついたり、歪みがないよう丁寧に梱包します。

13

出荷

責任を持って、お客様へお送りします。

扉・テーブル天板等

無垢材

1

粗木取

製材された材木から、必要な材料を大まかな寸法で切り出します。

2

4面カンナ仕上

4面を削り出して、幅・暑さを正確に決めます。

3

長さ決め

長さを正確に決めます。

4

加工(面取・ホゾ取・フィンガー・ボーリング)

面取りや穴開けなど、必要な加工をします。

5

組立

ダボ・ホゾ・接着剤を使用して、組み立てます。

6

仕上

サンドペーパーなどを用いて、表面の仕上げを行います。

7

塗装

汚れや傷がつきにくいよう、表面の保護塗装をします。

8

組付

本体と扉、引き出しなどを組付して、完成品にします。

9

検品

寸法や傷など、仕上がりに問題ないか確認します。

10

梱包

本体と扉、引き出しなどを組付して、完成品にします。

11

出荷

寸法や傷など、仕上がりに問題ないか確認します。