Loading

明治30年、東京都の銀座に洋額縁店として創業しました。
当時は、「ヤタヤ」という店名で、額縁専門店として知られていました。
創業時より、油絵・版画・素描・刺繍など、
お客様の作品に合わせた額縁を創って参りました。

明治27年は勝海舟が71歳、徳川慶喜が57歳の頃です。

平成2年、旭川市にて、株式会社古径 旭川工場を建設しました。その後、株式会社古径より独立し、有限会社古径コスモを設立。長年培ってきた、ヨーロッパの額縁における様式・形式のノウハウを生かし、「高品質なオーダーメイド家具メーカー」としてお客様に認められるに至りました。

家具は生活の一部となります。私たちは、家具を製作する上で、品質、強度、安全性を最優先に家具を製作して参りました。それが、評価され、保育施設の下駄箱、大手ショッピングモールの休憩スペースのベンチなど、多くの方が利用する施設でも採用頂くようになりました。

サイズ・材質・形状・色など、お客様のご要望をお伺いし製作致します。お客様の生活に寄り添う、最高の家具づくりを目指します。

現代において古径コスモは、空間に寄りそうデザイン家具として、耐久性・実用性を兼ね備えた機能性家具として明治30年から続く伝統と技術が、若い後継者によって引き継がれています。

お知らせ

お見積もり・ご相談はこちらから

>>>お問い合わせフォーム